トップページ

日本ヤヌシュ・コルチャック協会は、日本の子どもたちのみならず、世界の子どもたちが子どもの権利を尊重され、人間らしく平和に生きる世界を望んでいます。

  •  1878年にポーランドで生まれ育ったヤヌシュ・コルチャックは、医師として、また教育者として、生涯をとおして子どもたちのために尽くしました。作家としても、子どもたちのためにたくさんの物語を書き遺しました。
    現在、多くの国でコルチャックの考えが受け入れられており、子どもは生まれたときからすでに人間であり、その権利を守ることの重要性が問われています。
     コルチャックの考えは、1989年に国連で採択された「子どもの権利条約」に大きな影響を及ぼしています。
    1942年8月6日、コルチャックは自ら運営する孤児施設の子どもら200余名と一緒にトレブリンカ絶滅収容所に送られ、非業の死を遂げたのです。
     日本ヤヌシュ・コルチャック協会は、2008年にコルチャックが遺したこの遺産を顕彰し、世界の子どもたちが平和で人間としての権利を育むことができるための環境づくりや研究・実践活動を支え支援するために設立されました。

    januszkorczakjapan(a)yahoo.co.jp

  • 2019年ニュース:①8月6日 早稲田大学でコルチャック研究・教育フォーラム「コルチャックの生涯と子どもの権利」を開催、同日、学習院大学にて、日本教育学会ラウンドテーブル「コルチャックの孤児院教育実践と子どもの権利の探究」が開催されました。会員の方々には、近々コルチャック通信にて、詳細ご報告いたします。②お知らせです。11月には、ポーランドからコルチャック研究者でまた日本が救済に関わったポーランドシベリア孤児の研究でも活躍されている前ワルシャワ大学教授W.タイス教授が見えて敦賀や札幌また大阪でシンポジウムや講演会などに参加する予定です。追って詳細お知らせします。

  •